取り扱い素材について

取り扱い素材について

<ステンレススティール>   

ステンレススティールのステンレスは「汚れない、錆びない」、スティールは「鋼」という意味です。その名前の由来にある様に、錆びにくい、酸化しない、熱に強いといった様々な特徴があります。
錆びにくい理由は、鉄にクロムやニッケルなどを加え、酸素と結びつくことで表面に非常に薄い膜(不動態皮膜)をつくり、周辺環境と反応しにくくなり耐食性が強くなる為です。
この不動態皮膜は傷ついても酸素や水があればすぐに新しく再生されます。 
弊社の製品には更にそのステンレスの中でも最高級品のサージカルステンレス(SUS316L)が使用されています。このサージカルステンレスは、医療用の針やメスに使われており、安全性の高い素材なのでアレルギーを起こしにくいという特徴があります。